×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『Dark Moon ―月籠り―』の内容について(スキビ)

  • ドラマ『Dark Moon ―月籠り―』の内容について。
  • コミックス10巻辺りから登場のキョーコが出演するドラマ。()内にて情報元記載。  配役↓ 話の流れ↓

Dark Moon ―月籠り―

  • 監督 : 緒方啓文
  • 「その夜二人の運命が狂い始めた (10巻 p187)」
  • ドラマ放映は10月15日 夜 10:00から
  • 放送回数19回の予定。 (11巻 p103 柱書下ろし)

ドラマについて

  • 20年前の空前の大ヒット作 (10巻 p11)
  • 前回タイトルは「月籠り」。監督はリニューアル・差別化をはかるためDark Moonに変更。
  • 「愛と憎しみが交錯しまくる激動ドラマ (10巻 p21)」
  • 「入り乱れる人間模様から1回たりとも目が離せない (10巻 p22)」
  • 時代設定は現代。コンセプトは、80年代にやってそうない内容と名前 (10巻 p21 柱書下ろし)

配役

橘 嘉月 (敦賀 蓮)
  • この名前は偽名。「橘」は養子先の名字。
  • 幼少の頃より、頭も気立ても良く器用。良いご家庭の夫婦に望まれ養子になる。
  • 美月の両親を直接死に追いやったのは嘉月の父親 (美月の家のお抱え運転手)。
  • 家族の命を奪った者 (操・美緒の父)への復讐のため自分の素性を隠す。
  • 内側から完膚無きまで叩き潰す目的で利用するために、操に近付き婚約者となる。
  • 好きになってはいけない人(嘉月の父親が死に追いやったから)、美月を愛しく思うが、必死で押し殺す。制御不能な苦々しく、それ以上に甘く胸に疼く想いに捕われる。
本郷 美月 (百瀬 逸美)
  • 両親を亡くし、伯父の家でひどい扱いを受けるも、前向きで明るく心優しい。
  • 家族の死の真相は知らない様子。
本郷 操 (大原 愛梨)
才色兼備。嘉月の婚約者。嘉月と美月の間を邪魔する。
本郷未緒 (京子 ※最上キョーコ)
  • 操の妹。姉へのコンプレックスから幼少の頃より引っ込み思案だったが、事故からは、内向的な性格はより一層激しくなり微笑むことさえなくなった。操、美月、嘉月、父、母を憎む。
新 未緒
気位が高く、顔の傷は姉を責める武器として、隠さない。
(基本的な憎悪は同じ)「内気で引っ込み思案」→「人間嫌い」に。
未緒・操の母 (飯塚 寛子)
操を可愛がる。操と未緒を何かにかにつけて比較する。
未緒・操の父
自らの欲望のために実弟 (美月の父)家族をおとしいれる。
嘉月の家族を口封じのため一家心中に見せかけて殺害する。
本郷家−名家で大富豪

その他

美月の友人役 数名、クラスメイト、ほか。

貴島 秀人(キジマ ヒデヒト)、役柄は分からない。

DMポスター掲載の役者(なので主要キャラのはず) → 高木 聡、小谷 紀子

話の流れ

山の別荘で操(姉)は自分より秀でたバイオリンの才能に嫉妬して(妹)未緒をガラスの山の中へ突き落とす。その時に、未緒は顔に深い傷を負う。(表向きは転落事故。両親も真相を知らない)

嘉月の父親、事業に失敗する。
↓家族を守るため知人の未緒・操の父に借り (借金と思われる)を作る。
↓未緒・操の父の口利きで、美月の父親の元でお抱え運転手に。

未緒・操の父が実弟夫婦を死に追いやる。
(表向きは事故だが、嘉月の父に何かをさせたよう)
その日から、嘉月の父親が悪夢で魘され謝罪し続ける。

未緒・操の父が嘉月の家族 (父・母・兄弟の計3人)を一家心中に見せかけて殺害する。
↓嘉月はその場を目撃す。父親が悪夢で魘されていた理由を知る。
↓自分の素性を封印して復讐を誓う。
↓施設に世話になる。→程なく「橘家」の養子に。

美月6歳、世間体のため伯父 (美緒・操の父)の家に引き取られるが、未緒・操にひどい (使用人)扱いを受ける。

橘家の息子として落ち着いた頃、本郷への復讐のため、歳の近い本郷家の長女 操に狙いを定める。
(出逢いを不自然でないものにするため、音楽を始める)


↓ 嘉月は、内側から叩き潰す目的で本郷操を利用するために近付く
↓操の婚約者になる。

美月と嘉月出会う (場所は分からないが、学校へ赴任する前に出会っている)

春休みの旅行中に、事故を起こした婚約者操を庇って嘉月入院。

3ヶ月遅れて、嘉月の新任先の学校で美月と再会 (10巻 ACT.56)

嘉月、美月への気持ちが“気になる存在が”から“愛おしい”に変化 (ACT.61)

未緒、罪悪感を感じはじめる。 (ACT.65)

未緒、美月の味方になる展開になっていく (らしい) (ACT.101)

その他

  • ドラマ放映について : 10月15日からスタートの全19回予定なので、年を跨いで2月中旬頃まで。
    期間にして約 5ヶ月間(?)。ただACT.100にて、平均視聴率の表が10月から3月まであるので、正月特番などにより期間が変る場合もありそう。
  • 人間関係がドロドロ、復讐と許されない愛の内容の濃いドラマ(?)

視聴率について

DARK MOONの視聴率のグラフ図(17巻p99掲載)

  • 初回 : 35.2 %
  • 3回 : 35 %
  • 5回 : 36.8 %
  • 7回 : 39.6 %

備考

  • 20年前の“月篭り”の視聴率 → 46.4% (ACT.100)
  • DARK MOONの視聴率のグラフ図は、17巻p99より。グラフの縦のメモリは、5%単位。下部に“10月”から“3月”まで記載。
    グラフタイトル「我らのDARK MOON平均視聴率 “超えろ月篭り!! 46.4%!!”」
  • 「テレビドラマで30%乗るだけでもスゴイ事」

2008.11/16

  • 補足1:2007年02月07日 (雑誌)までで分かっていることをまとめてみました。
  • 補足2:「橘 嘉月」の過去と復讐などについては、11巻描き下ろしからが多いです。ほか、10巻描き下ろし、ACT.63など。
  • 補足3:「話の流れ」について、順番が違ったり、勘違いなどがあり間違っているかもしれません。
  • 22巻以降もまだ撮影中。

PAGE TOP