×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

販売促進用POPなどについて

各巻のPOPとその補足

 白泉社オンライン白泉社書店向けPOPでは、単行本の販売促進用POPを見ることが出来ます。以前はJPEG イメージでしたが、Portable Document Format(PDF)ファイルに変更されたようです。

1〜4巻 発売時のPOPイラスト
  • ACT.1 そして箱は開けられた(1巻 p6)花とゆめ2002年3号扉カラー・参考1巻表紙カラー
  • 「華麗なるShow-Bizチャレンジ!」
    人気歌手の幼なじみ・尚に裏切られたキョーコ。彼女が復讐のために選んだ手段とは!?

5〜10巻 発売時のPOPイラスト
  • ACT.12 プリンセス革命―舞踏会―(3巻 p6)花とゆめ2002年16号扉カラー
  • 「華麗なるShow-Bizチャレンジ!」
    お洒落ひとつせず、日々バイトに精出す少女・キョーコの秘密。それは、幼なじみの人気歌手・不破尚と暮らしていること(ハート)
    だけど、彼の口から出た衝撃の言葉は、キョーコを復讐へと駆り立てて…!?

11巻 発売時のPOPイラスト
  • ACT.62 月蝕(11巻 p65)の蓮のイラストを使用で新聞風に
  • 「撮影所に主演俳優不在の謎!?」(記事内容↓)
    白泉新聞号外 演技不能!? 敦賀蓮(20)
    連ドラ『DARK MOON』の撮影に、トラブルが起きているらしい。このドラマ、制作発表で監督の緒方氏が倒れたのを皮切りに何かと話題が耐えないのだが、今回は少し深刻な様子。主演の敦賀蓮(20)が数日に渡って撮影所に現れないというのだ。撮影中に同じシーンでNGを連発、みかねた監督が休養を申し渡したとの事。『DARK MOON』は濃密な恋愛ドラマだけに、スランプ脱出には、敦賀蓮自身がふか〜い恋愛を経験する必要があるのでは…?
12〜17巻 発売時のPOPイラスト
  • ACT.37 軋む歯車(7巻 p34)花とゆめ2003年21号扉カラー
  • 13巻の裏表紙の裏カラー(図書カードかなにか ※未確認)
  • イチオシコメント掲載(内容↓)
    花とゆめ連載作品で、一番熱い作品と言えば、この「スキップ・ビート!」。主人公のキョーコは自分を捨てたイケメンの歌手、不破尚に復讐する為に芸能界入りした熱い女の子!! そんな彼女が、芸能界で悪戦苦闘しながら、女優としても着実にステップアップしていきます。仲村佳樹独特のテンポとコメディセンス、そしてグイグイ誌面から伝わってくる熱は、確実に他の作品とは違うモノを感じさせます。花ゆめイチオシ。そして一番熱い「スキップ・ビート!」をよろしくお願いします!!

19巻 発売時のPOPイラスト
  • ACT.37 軋む歯車(7巻 p34)花とゆめ2003年21号扉絵カラー
  • 「芸能会を生き残れ!!」
    今一番熱い、芸能界STORYと言えば、これ!! 読んで、燃えろ!!

20巻 発売時のPOPイラスト
  • テレビアニメ「テレビ東京ほかにて10月5日スタート!」

25巻 発売時のPOPイラスト  2012/07の時点で最新のPOP
  • ACT.37 軋む歯車(7巻 p34)花とゆめ2003年21号扉絵カラー
  • 「芸能会を生き残れ!!」
    今一番熱い、芸能界STORYと言えば、これ!! 読んで、燃えろ!!

2010.06/16

  • 補足1:PDFファイルは、パソコンによっては、無効なカラースペースとして表示されない場合もあります。
  • 補足2:18巻までは、Windows / Macintosh 用にJPEG イメージがありました。以前のアドレスページは表示されなくなったため、リンクは省略しています。19巻より、PDFファイルに変更されました。
  • 補足3:実際の画像は、18巻までのJPEG イメージはサイズ677-1005px・900KB前後(Macは484-714px・500KB前後)。PDFファイルは、A4サイズ・870KB前後。
  • 補足4:12〜17巻時はOP画像が同じで、巻数の数字部分のみが変更。見比べると、若干明るさが違ったりしているのがありました。
  • 補足5:21〜24巻までは、白泉社オンラインのサイト上では掲載されず。
  • 補足6:画像は「白泉社書店向けPOP」より。

PAGE TOP